結婚式の二次会に呼ばれたときにもレンタルドレス

結婚式の二次会に呼ばれたときにもレンタルドレス 結婚式に呼ばれる際に、披露宴ではなく二次会からというパターンもあるでしょう。レンタルドレスのサービスを行っている業者では、二次会のシーンでも着こなせるドレスを各種用意しています。二次会がどのような形式で開催されるかでドレス等の選び方の基準も変わってくるため、注意が必要です。

まずはフォーマルな雰囲気の際には、結婚式で着ていく服装のマナーと一緒と思ったほうが無難です。挙式や披露宴と同じ会場で、会費がやや高額に設定されている場合、フォーマルな場と考えていいでしょう。まず露出の多い服装を避けるようにします。ただし夜に開催されるなら、ナイトドレスのように肩を出しても問題はありません。季節によっては空調の影響でそのままでは肌寒く感じる人もいます。そのようなケースに備えて、何か羽織るものを持っていくのがおすすめです。もし周りがあまり露出していないドレスを着用している時は、ストールなどを羽織ればその場で浮くような心配もせずに済みます。

何か個性を出したければ、ピンクやイエローのような少し明るめのカラーがポイントで入っているドレスを借りる方法が有効です。フォーマルな二次会に参列している人を見ると、黒やネイビーなどの落ち着いた色合いのドレスを身に着けている人が多いからです。ただし結婚式や披露宴同様、花嫁と被る白のドレスはマナー違反です。

セミフォーマルな二次会もあります。こちらはレストランやバーなどを貸し切って開催され、会費が抑え目の額となっている場合が該当します。このような場に出席するにあたってレンタルドレスを利用する時には、フォーマルよりももう少し軽めの衣装でも問題ありません。どれにすればいいか分からなければ、きれい目のワンピースをベースにして候補を絞り込んでみるといいでしょう。ワンピースの中にもシンプルな無地のものがあります。シンプルなワンピースはそれなりに格好がつきますし、肩ひじを張った印象が低減されます。

カラオケや居酒屋を貸し切るような二次会なら、カジュアルな雰囲気と言えます。居酒屋に豪華なドレスを身に着けると、どうしても場で浮いてしまいがちです。おしゃれな普段着のような衣装をレンタルドレスで借りてみるといいでしょう。例えばワンピースやセットアップのスーツなどが適しています。フランクな衣装を用意しているレンタルドレスの業者はたくさんあります。中には普段着で来る人もいますが、せっかくの場なので、ある程度かしこまった服装のコーデを考えたほうが安心です。

最新ニュース